WEB3.0とは?WEB1.0と2.0の歴史から見る

//

web3o

ウェブとは、インターネットの中核的な情報検索システムであるワールド・ワイド・ウェブを指す。WWWの頭文字は、かつて(そして現在もしばしば)ウェブアドレスの前に使われており、特定のリソースをオンラインで検索する際にウェブブラウザに入力される最初の文字のひとつであった。インターネットのパイオニアであるティム・バーナーズ=リーは、ハイパーテキスト・リンクによって相互接続された情報とリソースのグローバル・ウェブを指す言葉として、ワールド・ワイド・ウェブという言葉を作ったと言われており、WEBの1からの歴史と最新のWEB3.0とは何かを見てみましょう。

WEB3.0とは?WEB1.0と2.0の歴史から見る

WEBのバージョン

Web 3.0またはWeb3は、ワールド・ワイド・ウェブ(WWW)の第3世代である。現在進行中であるが、分散化されたオープンなウェブのビジョンであり、ユーザーにとってより有用なものである。

Web 2.0は、1990年代から2000年代初頭にかけてのWeb 1.0を継承する第2世代であり、現在の世代でもある。ウェブ2.0は、私たち誰もが慣れ親しんでいるインターネット(しばしばウェブと同じ意味で使われる用語)のバージョンである。

キーポイント

  • Web 2.0とWeb 3.0は、1990年代から2000年代初頭にかけてのWeb 1.0を発展させたものである。
  • Web 2.0はウェブの現在のバージョンであり、Web 3.0はその次の段階である。
  • スマートフォン、モバイル・インターネット・アクセス、ソーシャル・ネットワークなどの革新が、Web 2.0の急激な成長を促した。
  • ウェブ2.0は、ウェブベースのビジネスモデルの統合に失敗したセクターを破壊した。
  • Web 3.0の特徴として、非中央集権化、無信頼性と無許可性、人工知能(AI)と機械学習、接続性とユビキタス性が挙げられる。

WEB1.0

バーナーズ=リーは、ヨーロッパの研究機関CERNのコンピューター科学者だった1990年に、インターネットの初期開発のパイオニアとなった。

1990年10月までに、彼は最初のウェブページ・エディター/ブラウザー(WorldWideWeb.app)を含む、ウェブの基礎となる3つの基本技術を書き上げた:

  • HTML: HyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)。
  • URIまたはURL: Uniform Resource IdentifierまたはLocator。ウェブ上の各リソースを識別するための一意のアドレス。
  • HTTP: HyperText Transfer Protocol(ハイパーテキスト転送プロトコル)。

1990年代半ばには、Netscape Navigatorのようなウェブ・ブラウザが登場し、Web 1.0の時代が到来した。当時はサーバーから取得する静的なウェブページの時代であり、今日当たり前のように利用されている洗練されたコンテンツとはかけ離れていた。

当時のインターネットユーザーの大半は、電子メールやリアルタイムのニュース検索といった機能の目新しさに喜んでいた。コンテンツ制作はまだ黎明期にあり、ユーザーがインタラクティブなアプリケーションを利用する機会はほとんどなかった。しかし、オンライン・バンキングやオンライン・トレーディングの人気が高まるにつれ、このようなユーザーとの関わりは改善されていった。

WEB2.0

Web 2.0とは、インターネットの使われ方におけるパラダイム・シフトを指す。21世紀の最初の20年間で、Web 1.0の無味乾燥なウェブページは、Web 2.0の双方向性、ソーシャルなつながり、ユーザー生成コンテンツに取って代わられた。Web 2.0は、ユーザーが作成したコンテンツを、世界中の何百万という人々が、事実上瞬時に閲覧することを可能にした。この比類なきリーチは、この種のコンテンツの爆発的な増加につながった。

ウェブ2.0の飛躍的な成長は、モバイル・インターネット・アクセスやソーシャル・ネットワーク、iPhoneやアンドロイド搭載デバイスのような強力なモバイル・デバイスのほぼ普遍的な普及といった重要なイノベーションによってもたらされた。

このミレニアムの後半10年間で、このような発展は、オンライン上の双方向性と実用性を大幅に拡大するアプリの支配を可能にした-いくつか例を挙げれば、Airbnb、Facebook、Instagram、TikTok、Twitter、Uber、WhatsApp、YouTube。

これらの支配的なプラットフォームの驚異的な収益成長により、アップル、アマゾン、グーグル、メタ(旧フェイスブック)、ネットフリックスといったウェブ2.0中心の企業の多くが、時価総額で世界最大の企業の仲間入りを果たした(FAANGという略語もある)。

これらのアプリケーションはまた、何百万人もの人々が運転、自宅の賃貸、食品や食料品の配達、商品やサービスのオンライン販売によってパートタイムまたはフルタイムで収入を得ることを可能にし、ギグ・エコノミーの成長に拍車をかけた。

ウェブ2.0はまた、特定のセクターや業界にとって、存亡の危機といえるほどの破壊的な存在となっている。それらは、ウェブ中心の新しいビジネスモデルに適応できなかったか、適応が遅れたかのどちらかである。小売、エンターテインメント、メディア、広告などは、最も大きな打撃を受けている。

2004年には、ウェブ2.0の発展と普及を加速させる2つの顕著な動きがあった: グーグルの新規株式公開(IPO)とフェイスブック(現メタ)の創設である。
両社は、米国のテクノロジー大手からなるFAANGグループの一員である。

WEB3.0

WEB3.0は、WEB/インターネットの進化の次の段階を表しており、WEB2.0と同じくらい破壊的で大きなパラダイムシフトになる可能性がある。Web 3.0は、分散化、オープン性、より大きなユーザー・ユーティリティというコア・コンセプトの上に構築されている。

バーナーズ=リーは、1990年代にこれらの重要なコンセプトのいくつかを説明した:

  • 分散化: ウェブに何かを投稿するのに中央当局の許可は必要なく、中央制御ノードも存在しないため、単一障害点がない……そして “キルスイッチ “もない!これはまた、無差別な検閲や監視からの自由を意味する。”
  • ボトムアップ・デザイン: 「少数の専門家グループによってコードが書かれ、管理されるのではなく、すべての人の視界の中で開発され、最大限の参加と実験が奨励される”

2001年の論文で、バーナーズ=リーはセマンティック・ウェブと呼ばれる概念について論じた。
コンピュータには、言語の意味論(単語やフレーズが使われている実際の文脈を把握すること)を処理する信頼できる方法がなかった。バーナーズ=リーのセマンティック・ウェブのビジョンは、ウェブページの意味あるコンテンツに構造を持たせ、ユーザーのために高度なタスクを実行するソフトウェアを実現することだった。

ウェブ3.0は、2001年にバーナーズ=リーが構想したセマンティック・ウェブの当初のコンセプトをはるかに超えている。これは、微妙なニュアンスやバリエーションを持つ人間の言語を、コンピュータが容易に理解できる形式に変換するのは非常にコストがかかり、途方もなく困難であることや、ウェブ2.0が過去20年間ですでに大きく進化していることも一因である。

web3.0の定義 簡単にわかりやすく

Web 3.0の標準的な定義はまだないが、いくつかの定義的な特徴がある。

分散化

これはWeb 3.0の核となる考え方である。Web 2.0では、コンピューターは固有のウェブアドレスという形でHTTPを使って情報を探し、その情報は固定された場所、一般的には1つのサーバーに保存される。Web 3.0の情報は、そのコンテンツに基づいて検索されるため、複数の場所に同時に保存することができる。分散型になるのだ。これは、メタやグーグルのようなインターネット大手が現在保持している巨大なデータベースを破壊し、より大きなコントロールをユーザーに委ねることになる。

ウェブ3.0では、携帯電話、デスクトップ、家電製品、自動車、センサーなど、異種かつますます強力になるコンピューティング・リソースによって生成されたデータが、分散型データ・ネットワークを通じてユーザーによって販売され、ユーザーが所有権を確実に保持するようになる。

トラストレス・パーミッションレス

オープンソースソフトウェアをベースにしているため、Web 3.0はトラストレス(信頼できる仲介者を介さずに、参加者が直接やりとりできるネットワーク)であり、パーミッションレス(管理機関の承認なしに誰でも参加できることを意味する)でもある。

その結果、Web 3.0アプリケーションは、ブロックチェーンや分散型ピアツーピアネットワーク、またはそれらの組み合わせで実行されることになる。このような分散型アプリケーションはdAppsと呼ばれる。

人工知能(AI)と機械学習

Web 3.0では、セマンティックウェブの概念と自然言語処理に基づく技術によって、コンピュータが人間と同様に情報を理解できるようになる。Web 3.0では、機械学習も利用される。機械学習は人工知能(AI)の一分野であり、データとアルゴリズムを使って人間の学習方法を模倣し、徐々に精度を高めていく。

これらの機能により、コンピューターは、現在の取り組みの大部分を形成している単なるターゲット広告とは対照的に、医薬品開発や新素材のような多くの分野で、より速く、より適切な結果を生み出すことができるようになる。

コネクティビティとユビキタス

ウェブ3.0によって、情報やコンテンツはより接続され、ユビキタスになり、複数のアプリケーションからアクセスされ、ウェブに接続される日常的なデバイスの数が増える。その一例がモノのインターネットである。

ウェブ3.0の可能性と落とし穴

Web 3.0は、消費者が利用するWeb 2.0アプリケーションの大半を占めるソーシャルメディア、ストリーミング、オンラインショッピングをはるかに超え、ユーザーにはるかに大きなユーティリティを提供する可能性を秘めている。Web 3.0の中核をなすセマンティック・ウェブ、AI、機械学習などの機能は、新たな分野での応用を大幅に拡大し、ユーザーとのインタラクションを大幅に改善する可能性を秘めている。

また、分散化やパーミッションレス・システムといったWeb 3.0の中核的な機能によって、ユーザーは自分の個人データをより詳細に管理できるようになる。これは、データ抽出(ウェブユーザーから同意や対価なしに情報を収集すること)を制限し、搾取的な広告やマーケティング慣行を通じてテクノロジー大手が独占に近い状態になることを可能にしてきたネットワーク効果を抑制するのに役立つだろう。

しかし、分散化には重大な法的・規制的リスクも伴う。サイバー犯罪、ヘイトスピーチ、誤った情報などは、すでに取り締まりが困難になっているが、分散化された構造では中央管理がないため、さらにその傾向が強まるだろう。分散型ウェブはまた、規制と執行を非常に困難にする。例えば、世界中の多くの国でコンテンツがホスティングされている特定のウェブサイトには、どの国の法律が適用されるのだろうか?
Web 3.0がユーザーの利便性を高める実例とは?
バケーションの計画を立てていて、予算が限られている場合、現在は航空券や宿泊施設、レンタカーを探すのに何時間も費やし、数多くのウェブサイトを探し回り、価格を比較しなければならない。Web 3.0では、インテリジェントな検索エンジンやボットがこれらの情報をすべて照合し、あなたのプロフィールや嗜好に基づいてオーダーメイドの推奨情報を生成することができるようになり、作業の時間を節約することができる。

Web 3.0はセマンティック・ウェブと同じか?

Web 3.0は、ウェブのパイオニアであるティム・バーナーズ=リーが構想したセマンティック・ウェブをはるかに超えている。ウェブ3.0は、セマンティック・ウェブのコンセプトや自然言語処理に基づくテクノロジーを使い、ユーザーとのインタラクションをより直感的なものにするものだが、人工知能(AI)や機械学習の普及、ブロックチェーンやピアツーピア・ネットワークのような信頼のない、あるいは許可のないシステムなど、他の特徴も持っている。

Web 3.0が促進する金融の新技術は?

ウェブ3.0は、その主要な分散化機能により、ブロックチェーン、分散型台帳、分散型金融(DeFi)などのテクノロジーに適している。

結論

映画で例えるなら、Web 1.0がモノクロ映画の時代なら、Web 2.0はカラー/ベーシック3Dの時代であり、Web 3.0はメタバースにおける没入型体験である。

その他

参考:インベストピアフォーブス

「WEB3.0とは?WEB1.0と2.0の歴史から見る」への3件のフィードバック

コメントする

WEB3.0が会いにくる!250黄色ロゴ

About

Style

Contact

Privacy Policy

Terms of Service

---------------------------

Terms of Service

Terms of Service