コインベース・シンガポール MASからライセンス取得、シンガポールの個人および機関投資家向けにデジタル金融サービスを提供へ

//

web3o

コインベース・シンガポール MASからライセンス取得、シンガポールの個人および機関投資家向けにデジタル金融サービスを提供へ

シンガポールにはWeb3技術に取り組む企業が700社以上あり、暗号経済とWeb3経済の成長にとって重要な市場となっている。

コインベース・シンガポールは、シンガポール金融管理局(MAS)から主要決済機関(MPI)ライセンスを取得し、シンガポールの個人および機関投資家向けにデジタル金融サービスを提供できるようになったとクリプトタイムスが伝えています。

同社は月曜日のブログで、”シンガポールにおける個人と機関投資家の両方へのデジタル決済トークン・サービスの提供 “と述べている。

シンガポールでは約25%の人が暗号通貨が将来の金融において役割を果たすと考えており、シンガポールでの調査では約32%の人が過去に暗号通貨を所有したことがあるか、現在所有している。

さらに、シンガポールにはWeb3技術に取り組む企業が700社以上あり、暗号経済とWeb3経済の成長にとって重要な市場となっている。

ブログ記事には、”新たに取得したライセンスは、Coinbaseの業務を検証するだけでなく、シンガポールで成長する暗号とWeb3のコミュニティに対する約束と責任を表しています。”と書かれている。

同社はシンガポールでの事業を慎重に拡大してきた。前年には、この地域にCoinbase専用のテクノロジー・ハブを設立した。

それ以来、Web3技術に特化したプロダクトマネージャーやエンジニアを採用し、トレーニングを行っている。

さらに、同社のベンチャーキャピタル部門は、過去3年間にシンガポールで15以上のWeb3新興企業を資金面で支援してきた。シンガポールは、アジア太平洋地域におけるCoinbaseの機関投資家向け事業活動の中心的な拠点となっている。

Coinbaseの国際的な取引所はバミューダの金融規制当局から認可を受け、つい先週、Coinbaseはスペインの中央銀行への登録に成功した。

コメントする

WEB3.0が会いにくる!250黄色ロゴ

About

Style

Contact

Privacy Policy

Terms of Service

---------------------------

Terms of Service

Terms of Service