アレックス・タプスコットの新著『Web3: Charting the Internet’s Next Economic and Cultural Frontier(ウェブ3:インターネットの次の経済的・文化的フロンティアを描く)』

//

web3o

アレックス・タプスコットの新著『Web3: Charting the Internet’s Next Economic and Cultural Frontier(ウェブ3:インターネットの次の経済的・文化的フロンティアを描く)』

オリリアに生涯の縁を持つ起業家、作家、資本市場の専門家が、インターネットの次のフロンティアについての新著を執筆し、ウォールストリート・ジャーナルのベストセラーリストで5位にランクインしたようです。

アレックス・タプスコットの新著『Web3: Charting the Internet’s Next Economic and Cultural Frontier(ウェブ3:インターネットの次の経済的・文化的フロンティアを描く)』は、来るべきインターネットの第3の時代へのロードマップとなる。

「私たちは今、多くのテクノロジーが一度に出現している、実に興味深い時期にいます」とタプスコットはオリリアマターズに語った。「Web3という言葉は、これらすべてのテクノロジーがビジネスや文化、社会をどのように変えていくかを説明するのに役立つと思います。

しかし、個々の技術の進歩よりも重要なのは、それらが最終的にどのように連携していくかということだとタプスコット氏は言う。

「これらのテクノロジーには、ブロックチェーンや人工知能、バーチャルリアリティ、ロボット工学などが含まれるが、興味深いのはそれらのテクノロジーそのものではなく、それらがどのように融合するかということだ。「この本は、その収束を説明し、それが世界にどのような影響を与えるかを語っている。

Web3は、ユーザーが単にウェブサイトから情報にアクセスしていたインターネットの第一の時代と、「誰もが写真や自分の考えを公開するようになった」第二の時代、つまりソーシャルメディアの時代へのさらなる進化を象徴している、とタプスコット氏は言う。

「この時代の最も重要な資産クラスは、ユーザーによって生成されたデータであったが、そのデータはすべて、基本的なサービスや交換を提供する一握りの大企業によって捕捉され、すべての報酬を得た。

「その期間に驚異的な成長を遂げた企業の価値は10兆ドルを超えているが、その価値はデータを作成した人々には共有されていない。

Web3の重要な側面のひとつは、インターネットユーザーが “デジタルな自分 “の所有権を取り戻せるようになることだ。

「タプスコット氏は、「これは基本的に、自分自身のデータとアイデンティティを所有できること、自分自身の創造物を所有できること、そしてそこから得られる利益に参加できること、さらにピアツーピアで取引し価値を移動できることを意味する。

「それは、ウェブが以前あったところから進化したものであり、多くの産業に影響を与えると思います。また、インターネットのユーザーや市民であることの意味にも影響を与えるだろう。

ビットコインやその他の暗号通貨の台頭をもたらしたブロックチェーンのような技術革新により、個人や企業は、以前は銀行やクレジットカード会社のような “仲介者 “に頼らざるを得なかった取引を、ピアツーピアで行うことができるようになった、とタプスコット氏は言う。

Web3を使えば、インターネット・ユーザーはブロックチェーンの「トークン」を使って、貨幣や株式から芸術品や科学的発見など、幅広い商品を保管・共有できるようになる。

「輸送用コンテナに家具や食料品、コンピューターや絨毯などを入れることができるのと同じように、トークンは……価値のあるあらゆるものを表すことができるのです」とタプスコット氏は言う。

その上でタプスコットは、Web3上のインターネット・ユーザーを、オンラインで参加する無数のサービスに対して所有権を主張できるインターネットの “所有者 “と見なしている。

「誰もがオンラインで利用するサービスやアプリケーションのオーナーになる。「ソーシャル・メディア・アプリケーションやオンライン金融アプリケーションに登録し、使えば使うほど、そのプラットフォームでより多くの収入を得ることができる。プラットフォームに付加価値を与えているのだから、その対価として報酬を得るべきだ」。

タプスコットは、こうした動きは金融サービスや芸術、その他さまざまな業界に深い影響を与えるだろうと述べた。

人工知能の台頭により、ブロックチェーン技術は、コンテンツ制作者に所有権が帰属することを保証し、その情報がAIアプリケーションによって使用される際に補償されることを一例として挙げることができる。

音楽業界の人々も同様に、より安全な方法で資産を管理できるようになるだろう。

「インターネットの最初の時代の台頭によって……CDやレコードのような資産だったものが、無料の商品になってしまった。「アーティストやクリエイターが作品を販売し、ファンとつながり、報酬を得られるようにする新しい方法が必要です。

グーグルマップのような他のサービスも、Web3を通じて独占的地位を失う可能性がある。

ブロックチェーンを利用することで、市民はHivemapperのようなプロジェクトに参加することができる。Hivemapperは分散型のマッピングサービスで、ユーザーはダッシュカムを通じて自発的にマッピングデータを収集し、そのマッピングデータに対して報酬を得ることができる。

「グーグルの地図データを受動的に受け取るのではなく、Hivemapper自体のオーナーになることができる。

“多くの人は、それが実際に財政的に重要な違いをもたらす可能性があることに気づくだろうが、結局のところ、私たちは皆、地図情報を得る場所、より良いデータという点で、より多くの選択肢から利益を得ることになり、それは皆の生活を向上させるだろう。”

コメントする

WEB3.0が会いにくる!250黄色ロゴ

About

Style

Contact

Privacy Policy

Terms of Service

---------------------------

Terms of Service

Terms of Service